都筑区を紹介してくれるジモトモの仲間たち

★ジモトモ王★

ジモトモ王

このジモトモワールドの王様。
ジモトモ城に住んでいます。
ちょっと心配性。
この人に逆らってはいけませんよ。

★ぷりんせす★

ぷりんせす

ジモトモ城のお姫様。
おいしいものが大好きです。

★エンジェーヌ★

エンジェーヌ

都筑区のいろいろなところに出没します。
デビルンとは幼ななじみ。

★デビルン★

デビルン

ちょっと口が悪いですが、人情深いコです。
エンジェーヌとは幼なじみ。

★セバスチャン★

セバスチャン

ジモトモ城の執事です。
語尾の『ハイ』が口ぐせです。

★かんがーまま★

かんがーまま

2人のお子さんのママです。
ダンナさんは、ジモトモ城に勤めています。

念願の『おおつか』にておいしいお蕎麦を食べる

エンジェーヌのレポートです。

B001

あちこちの情報通の間でも大人気のお蕎麦のお店『おおつか』さん。
以前からずっと行ってみたいと思いつつ、お休みだったりして、中々行くことができずにいたんですが、やっと行くことができました。
このお店はお昼しかやっていないので、タイミングが合わなかったのよね。でもウワサでとてもおいしいお蕎麦だと聞いていたので楽しみにしていました。

お昼時をずらして行って見たんだけど、生憎やっぱり席は一杯で、店の前で少し待ちました。
5分ほどで店内からお客様が帰り始めたので中に入ることが出来ました。

B002 店内はさほど広くなく、4人用のテーブル席が4つ、6人用が1つで、正面左端にそば打ちの部屋があります。
白木のテーブルが明るい雰囲気で、でも落ち着いた上品なお蕎麦やさんといった風情です。
一人客の方も多く、混んでいるときは6人席で相席されているようでした。
お蕎麦のメニューはいたってシンプルでこの時期は冷たいそばのみで
せいろ750円、のりせいろ850円、納豆せいろ1050円、とろろせいろ1050円、鴨せいろ1700円、天せいろ1800円、穴子天せいろ1900円でした。

私は人気の鴨せいろ、お友達は前に鴨せいろを食べたそうなので、穴子天せいろを頼みました。
蕎麦茶を飲みながらしばらく待つと、白めの繊細といっていいほどのお蕎麦と綺麗なピンク色の鴨が野菜類と一緒に乗せられてやってきました。
お蕎麦は見た目と同じく、濃い目のつゆに軽くつけて食べると、口の中に蕎麦の香りが広がり、喉をつるつると入っていきます。B003
決してコシが強すぎるのではないのですが、不思議な力強さがあり、かといって、しつこくもない柔らかさ。おいしいです。
最初はお蕎麦の量が少ないかもと思いましたが、鴨がかなりのボリュームで私はお蕎麦のお代わりをしなくても十分でした。鴨はとても噛み応えのある厚みでしょうがと白髪ネギ、専用のタレに使っているので
そのままいただけます。揚げなすとししとうも乗っていました。
お友達の穴子天せいろもボリュームある天ぷらがたくさん乗っていて
しかも旬を押さえたアスパラ、かぼちゃ、スイートコーンやブロッコリーなどの野菜がおいしそうでしたよ。
お値段はちょっとお高めですが、満足度はとても高いお蕎麦屋さんです。

お昼時を過ぎた静かな時間は、お蕎麦好きな一人客のおじさまや女性もいらっしゃっていて、いい感じにのんびりできました。でもあまり遅く行くと蕎麦がなくなったりするかもしれないのでそこは加減のしどころかもしれませんね。
ぜひ一度たくさんの人に味わってみてほしいお蕎麦でした。

おおつか
横浜市都筑区中川7-2-3
電話:045-913-3578
営業時間:11:30~15:00
定休日:火曜日、第2、4月曜日